セゾン現代美術館 Sezon Museum of Modern Art

NEWS

9月9日(日)インディゴアーティストTatz Miki (タツ・ミキ)によるレクチャー「クラフトブルー 〜目に見えない生命のアート〜」

2018.08.15EVENT

インディゴアーティスト Tatz Miki (タツ・ミキ)によるレクチャー
クラフトブルー 〜目に見えない生命のアート〜

日時  2018年9月9日 (日)
時間  14時30分から16時30分
定員  20名
参加費 1000円(税込)/当日観覧券をお持ちの方は500円(クラフトビール及びエスプレッソ系ドリンク込)
場所  セゾン現代美術館 カフェ・ヤマアラシ内

発酵染料の魅力を伝えるアーティストであり、色の農業を世界中に広める活動のリーダーでもあるTatz Miki氏を迎えてのトークイベントです。
デニム、ジーンズでおなじみのインディゴの歴史を紐解き、染色の世界で今まさに起ころうとしている大きな変化についてお話いただきます。また、館内のアートショップでも常時展示・販売されているMiki氏の作品をご本人よりご紹介いただきます。Miki氏の作品が”生きたアート”であることをご実感いただけることと存じます。
さらに今回はお話の中で、Miki氏が「発酵」「醸造」「手作り」というキーワードでインディゴとのつながりを強く感じているクラフトビールとポートランドについても触れていただきます。アメリカ北西部にあるポートランドには70軒以上のマイクロ・ブリュワリー(クラフトビールの醸造所)があり、アートやモノづくりの世界でも今非常に注目されている都市です。今回は、そんなポートランドのクラフトビールを特別にご用意いたしますので、よろしければMiki氏のトークとともにお楽しみください。

【Tatz Miki氏よりご挨拶】
2001年、瓶の中で発酵するインディゴ染料の宇宙的な佇まいに魅せられ、独学で染料作りを始めました。以来、染料の中に住まう微生物たちとともに、生きたブルーを創り続けてきました。インディゴとの付き合いが深まるにつれ、今の社会や歴史や世界のあり方について多くの新しい発見がありました。今回のイベントでは、実際の染料や作品をご覧いただきながら、私がインディゴから学んだことを皆さんにお伝えできればと思っています。

【Tatz Miki (タツ・ミキ)氏プロフィール】
人類至上最も古い染料のひとつであり、地球上の様々な文明で使われてきたインディゴ染料と、その文化の素晴らしさを世界中の人々に伝えているアーティスト。世界各地に数多く存在している植物由来のインディゴ染料を用いて作品づくりを進めています。ミキさんは植物由来のインディゴを日常の生活に普及させることを目指しており、石油由来の化学染料に代わるサステイナブルな色のマーケットを創り出すためのプロジェクトを推進しています。

<申込方法>
電話〔0267-46-2020〕にて、下記項目をお知らせください。
1.お名前 2.人数 3.ご連絡先(携帯番号もしくは電話番号)
4.上記クラフトビールかエスプレッソ系ドリンクのどちらかをお選びください。

 

 

 

8月15日(水)渋谷LOFT「ART AND INNOVATION WITH YURIKONG-ART」にて堤たか雄館長がトークに参加します。

2018.08.01EVENT

現代美術の現状と可能性について
8月15日(水)17:00 – 18:00
渋谷LOFT

パネリスト
株式会社 IMA 代表取締役 一般社団法人日本文化デザインフォーラム 理事長
元西武百貨店社長 水野誠一
国連指定環境アーティスト サイヒロコ
セゾン現代美術館代表理事 堤たか雄
アーティスト 広瀬友利子

Yurikong-Art LOFT powered by Project136

 

「レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて」展カタログ販売中!8月11日(土・祝)展覧会関連ワークショップ&アーティストトーク開催。

2018.07.14EVENT

<「レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて」カタログ>
¥2,000(税込)/B5版 86ページ

編集・構成:坂本里英子
編集協力:石井正伸
執筆:堤たか雄、坂本里英子、キオ・グリフィス
翻訳:佐山パトリック未来、リングァ・ギルド、キオ・グリフィス
装丁:南部隆一、木村恵美里(ACTANT)
印刷:東京平版株式会社
発行:セゾン現代美術館

 

<「レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて」関連イベント>

・ワークショップ「光・色彩・アクション」
クリスチャン・アヴァとフランシス真悟との絵画体験
日時:8月11日(土・祝)10:30−12:00
対象:小学1年生〜小学3年生と保護者
定員:10組
無料(要当日観覧券)
申込方法:電話もしくはFAXにて、1.お名前、2.人数、3.ご連絡先(電話番号/Eメールアドレス/FAX番号)をお知らせください。

申込先:TEL:03-5579-9725/0267-46-2020  FAX:03-5579-9726

・アーティスト・トーク/フランシス真悟、クリスチャン・アヴァ
司会:ロジャー・マクドナルド[NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT/エイト)副ディレクター/キュレーター]
日時:8月11日(土・祝)14:00−
会場:展示室内
定員:30名
申込不要/無料(要当日観覧券)

 

「レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて」

7月6日(金)ー 9月2日(日)カフェ・ヤマアラシにて「軽井沢・千ヶ滝別荘地 100年の歴史」写真資料展示を開催しております。

2018.07.09EVENT

「軽井沢・千ヶ滝別荘地 100年の歴史」写真資料展示
2018年7月6日(金)ー 9月2日(日)10時ー17時(休館日:7月12日、19日、26日)
会場:セゾン現代美術館内 カフェ・ヤマアラシ

箱根土地株式会社が「軽井沢千ヶ滝の文化村」開発を始めたのは、ちょうど100年前の1918年。
本展示ではその生まれつつある千ヶ滝別荘地の生活を、写真資料20点余を通じてご紹介いたします。
人々が着物姿で馬車を走らせ、読書にスケッチ、歌唱を楽しみ、自然に囲まれながら文化的に過ごす。
軽井沢の「静」の魅力、現代までに受け継がれる別荘生活のさまざまな場面を、どうぞお楽しみください。

<関連イベント>スライド・トーク「千ヶ滝別荘地100年の歴史」
日時:2018年7月21日(土)15−16時
会場:カフェ・ヤマアラシ
講師:渡部 精一郎(株式会社プリンスホテル)
定員:30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
*無料/事前申込

<申込方法>
お電話(0267-46-2020)にて下記項目をお知らせください。
1. お名前 2. 人数 3. ご連絡先(電話番号/Eメール/FAX番号)

「軽井沢・千ヶ滝別荘地100年の歴史」フライヤー

 

 

 

7月22日(日)11:00-12:30 堤たか雄館長と美術館庭園さんぽ「自然とアートー偶然と必然」開催 対象:小学生 *要申込

2018.07.03EVENT

堤たか雄館長と美術館庭園さんぽ
「自然とアートー偶然と必然」

堤たか雄館長が美術館庭園の彫刻と自然について、わかりやすくご案内いたします。
駄菓子とジュースもご用意しております。どうぞお気軽にご参加ください。

日時:2018年7月22日(日)11:00−12:30
場所:美術館庭園(雨天の場合は変更)
募集人数:10名
対象:小学生(保護者同伴)

<申込方法>
電話:0267-46-2020、もしくはFAX:0267-46-2021にて下記項目をお知らせください。
1. お名前 2. 人数 3. ご連絡先(電話番号/Eメール/FAX番号)